自動車ガラスクリーニング

フロントガラスの水滴跡やワイパー傷の除去

明感のある窓ガラスで安全走行

ガラスに固着したウロコ状の雨染みやワイパー傷は簡単には取れません。

ガラスの固着したウロコ状の原因は「水道水の掛けっぱなし」が主です。 水道水を掛けたままで拭き取りを怠ると、水道に含まれるカルキ・ミネラル分が蒸発するときにガラスに残り、ガラス表面に固着します。 これはカルシウムスケールです。
ネクサスでは丁寧にじっくりと除去していきます。 ワイパー傷の除去も可能です。(ガラスに深く入った傷は除去ができません)

ウインドウコーティング レインブレード


技術の進歩によりコーティング剤本液の性能が進化していく中で、本来の性能を的確に引き出すという点でガラス面とコーティング剤との定着を強化するための技術として開発されたのがZen-Xeroテクノロジーです。技術の核となるアクセラレーターによって、ガラス面とコーティング剤との密着性を劇的に増加させ、コーティング本来の性能を100%引き出します。


従来のガラス撥水コーティングでは、ガラスに存在する官能基としてのOH基とフッ素を結合させることで定着を得ています。しかし、ガラスのOH基自体が物量として多くないためフッ素の定着量に限界がありました。Zen-Xeroテクノロジーの基幹となるアクセラレーターは特殊素材でガラスへの強力な結合と表面の複数の官能基の爆発的な増加を実現します。さらに本液の反応速度を見直して最適化することで、フッ素と大量に結合し、これまでにない圧倒的な耐久性を得ています。


従来のガラス撥水コーティングでは、ガラスに存在する官能基としてのOH基とフッ素を結合させることで定着を得ています。しかし、ガラスのOH基自体が物量として多くないためフッ素の定着量に限界がありました。Zen-Xeroテクノロジーの基幹となるアクセラレーターは特殊素材でガラスへの強力な結合と表面の複数の官能基の爆発的な増加を実現します。さらに本液の反応速度を見直して最適化することで、フッ素と大量に結合し、これまでにない圧倒的な耐久性を得ています。

従来、塗布後拭き取りまでに放置時間が必要であったものが、塗布後すぐに拭き取りが可能になりました。また、拭き取り時の重さも軽減しより効率的な施工を実現します。

フッ素の撥水被膜は環境温度に影響を受けやすい側面がありますが、アクセラレーターとフッ素本液との結合力を強化したことで安定した性能を発揮できます。

持続性の実証となるワイパーテストにおいては一般的に高耐久の目安となる50万回の倍以上となる100万回をクリアしています。Zen-Xeroテクノロジーによる圧倒的な耐久性が実証されています。

窓ガラスクリーニング料金表

PAGE TOP